家計消費の動向 平成7年版 - 経済企画庁調査局

経済企画庁調査局 家計消費の動向

Add: awicumu25 - Date: 2020-11-25 22:40:03 - Views: 256 - Clicks: 310

「家計調査」における山形市の品目別消費ランキング(平成29年~令和元年平均) 令和2年3月16日に総務省統計局から公表された「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成29年~令和元年平均)」から山形市の状況についてまとめましたのでお知ら. 90年代に入って累次の裁量的な財政政策や金融緩和政策は景気を下支えする効果を持ったものの、結果として経済の自律的回復が定着しなかったことから、裁量政策の有効性について議論になっている。需要面を刺激しようとする政策が、短期的効果だけでなく民間需要主導の自律的回復に結びつくためには、需要追加が企業や家計の将来予想を改善し、投資行動を誘発する必要がある。したがって、バブルの後遺症を克服し、民間部門のコンフィデンスを回復するよう、供給面から経済体質を強化する効果を持つ政策が同時にとられることによって、政策効果は持続性を持つと考えられる。さらに、90年代の日本の景気回復が緩慢だった背景には、資産市場の低迷や企業・金融機関のバランスシート問題があり、これが需要刺激効果を顕在化させなかったとみられる。 マクロの財政政策の効果がバブル崩壊後顕在化しなかった理由として、次のような可能性が考えられる。第一に、潜在生産能力の伸びの低下が家計や企業の将来予想を弱めているほか、資産価格下落などの影響によって民間需要が抑えられ、財政刺激策の波及効果が中断した可能性である。第二に、限界消費性向の低下や限界輸入性向の上昇によって財政の乗数が過去に比べて下がった可能性である。第三に、財政赤字が無視し得ない大きさになってきたことで、人々の財政赤字についての意識が深まり、財政赤字の拡大に対して、家計の行動が慎重になってきた可能性である。裁量的財政政策の需要拡大効果が顕在化しなかったのは、これらの要因のうち、バブルの後遺症(第一の要因)によって民間需要が減退し、その効果が減殺されたところが大きい。 不良債権に関しては、金融機関が不良債権等に関する情報開示を正しく行っていないのではないかといった疑念もみられることが、金融システムの安定性に対する不透明感が払拭されないひとつの背景となっている。不良債権問題の抜本的解決のためには、債権債務関係を整理し、債権回収を進めることが重要であり、このためには、担保不動産の売買や有効利用が促進される必要があり、不動産市場の改善・活性化が重要である また、景気回復を妨げた要因の一つに、いわゆる「貸し渋り」問題があったと考えられる。株価の下落が評価損計上による収益減や含み益減少を通じ自己資本比率押し下げ要因となり、早期是正措置導入を控えた銀行は貸出に極めて慎重になった。金. 家計消費の動向 : 消費動向調査. 内閣府法人番号.

詳細結果表において第6-16表として掲載しています。 (3)世帯主が60歳未満で有業者1人世帯の1世帯当たり1か月間の収入と支出(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)(年から年まで,特別集計)(エクセル:107KB) (4)世帯主の年齢階級別1世帯当たり1か月間の支出(二人以上の世帯)(年から年まで,特別集計)(エクセル:276KB) 世帯主の年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)(年から年まで,特別集計)(エクセル:286KB). 五分位・十分位の境界値(二人以上の世帯) ※ 総世帯及び単身世帯の境界値は,詳細結果表(年)の表頭に掲載。 地方,世帯人員別の世帯数分布(100万分比) ※ 総務省統計局「労働力調査」の調査票情報を特別集計したもの。. *四半期 *年 *年度. 県民経済計算年報 / 経済企画庁経済研究所編. 家計消費の動向 : 消費動向調査 経済企画庁調査局編 大蔵省印刷局,昭和53年 (昭53)-昭和63年版 (昭63) ; 平成元年版 (平1)-平成22年版 (平22).

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ. 平成12年版までの編者: 経済企画庁調査局 注記 出版者変遷: 大蔵省印刷局 (-平成12年版)→ 財務省印刷局 (平成13年版-平成14年版)→ 国立印刷局 (平成15年版-平成19年版)→ トーコー印刷 (平成20年版-平成21年版). 昭和63年版より、副書名が「消費動向調査年報」に変更 平成13年版以降の編集: 内閣府経済社会総合研究所 平成16年版以降の編集: 内閣府経済社会総合研究所景気統計部 平成13年版以降の発行: 財務省印刷局 平成15年版以降の発行: 国立印刷局 平成20年版以降の. See full list on www5. ここから本文です。 平成23年社会生活基本調査 社会生活基本調査は,1日の生活時間の配分と過去1年間における主な活動状況などを調査し,その結果は,仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進,男女共同参画社会の形成,少子高齢化対策等の各種行政施策の基礎資料として利用. 景気後退が長期化する中で、日本経済の長期的・構造的な課題が強く意識されるようになってきている。景気の停滞の中で、隠されていた構造的な課題が明確になり、危機意識が強まるなかで、新たな適応のための真剣な努力が芽生えるということに重要な意味がある。 93年度において浮かび上がってきた日本経済の長期的課題としては、次のようなものがある。第一は、日本経済を世界経済の発展と調和した姿にしていくことである。近年の空洞化への懸念、内外価格差の拡大などの問題は、日本経済が対外的な側面で長期的に乗り越えるべきハードルを示している。第二は、従来型の日本の経済システム、制度などの枠組みを新たな時代の要請に合ったものに変革していくことである。いわゆる日本的な雇用システムについては、高齢化の進展、グローバル化の進展、国民の価値観の変化などの新しい変化に対応できるようなシステムを構築していくことが求められている。また、規制緩和には、(1)企業のビジネス・チャンスを拡大させ、消費者の選択の範囲を拡大させることによって、内需の拡大に寄与すること、(2)低生産性部門に競争原理を導入することによる内外価格差の是正に貢献すること、(3)国際的な観点からの透明性の確保などをもたらすこと、などの役割が期待されている。既得権益化した不必要な規制を見直していくことは、消費者の品質・価格面での選択の幅を広げるとともに、非生産的な活動に振り向けられていた資源をより生産的な活動に向かわせ、経済の効率化をもたらすことになる。第三は、長期的に日本経済の成長力、生産性を高めていくことである。潜在成長力の維持に関しては、その鍵を握るのは技術革新であり、その技術革新を生み出す源泉は企業による研究開発や人的資本への投資である。それが日本経済の新たなフロンティアの開拓につながっていくものと考えられる。また、新たなリーディング産業については、個々の産業が技術革新等への努力を積み重ねることで、結果的に生まれてくるものと考えるべきであろう。. 東京: 通商産業研究社, 30cm 平成 17 年版 資料室 /16/5/Kok 経資料. 経済社会総合研究所 〒東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館.

経済企画庁調査局編. 家計消費の動向 平成8・9年版 - 消費動向調査年報 - 経済企画庁調査局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 平成2年版 Format: Book Responsibility: 経済企画庁 Published: 東京 : 大蔵省印刷局 Description: 242p Authors: 経済企画庁 Catalog. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 経済企画庁の用語解説 - 国家行政組織法および経済企画庁設置法により総理府の外局として設置された国の経済政策の総合的企画調整機関。 1946年8月発足の経済安定本部を前身とし,52年8月に改組して経済審議庁となり,さらに 55年7月経済企画庁と名称. 平成10年7月 経済企画庁調査局 1947年の「経済実相報告書」から数えて52回目となる本報告は、景気が緩やかな回復から停滞状態に至ったことを示した後、日本経済が抱える種々の構造問題を検討し、経済構造改革、金融システム改革等による創造的発展への基礎固めの必要性を説く。. 平成29年7月(エクセル形式 328キロバイト). 11-昭和55年版; 昭和56年版; 昭和57年版; 昭和58年版.

(1)定額給付金記入の有無別の結果(年3月分から12月分まで) (2)1996年,1997年の3月および4月の品目分類による日別支出結果(エクセル:885KB) ※ 1997年4月の消費税率引上げ時における消費動向を分析するため特別集計を行った結果。 ※ なお,年1月以降の品目分類による日別支出結果については,4. 昭和61年版平成7年版). 平成3年版までは別書誌 (bn0018043x) 平成13年版以降の編者: 内閣府経済社会総合研究所 平成13年版以降の発行者: 財務省印刷局 平成16年版の発行者: 国立印刷局 平成16年版の付属資料: cd-rom (1枚 8cm) タイトルのヨミ: ケイザイ ヨウラン: 著者名ヨミ:. 転載自由。転載する場合は掲載誌(紙)に「官報資料版」より転載したむねを付記し、独立行政法人国立印刷局 官報グループ〒東京都港区虎ノ門2-2-4あて3部送付願います。. 経済分析(経済企画庁) 第135号 平成6年4月 国民経済計算年報(経済企画庁) (付注15) 我が国の家計、企業、公共部門の情報通信機器ストック(粗ストックベースの実質価格)は、各主体が保有する情報通信機器の各財ごとにPI法を使って計算した。. 経済企画庁(けいざいきかくちょう、英語: Economic Planning Agency 、略称: EPA )は、年(平成13年)1月5日まで存在した日本の中央省庁の一つであり大臣庁で、略称は経企庁(けいきちょう)だった。.

家計消費の動向 : 消費動向調査 フォーマット: 図書 責任表示: 経済企画庁調査局編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 大蔵省印刷局, 1979-. 平成3年版までは別書誌 (BN0018043X) 平成13年版以降の編者: 内閣府経済社会総合研究所 平成13年版以降の発行者: 財務省印刷局 平成16年版の発行者: 国立印刷局 平成16年版の付属資料: CD-ROM (1枚 8cm) Reading of Title: ケイザイ ヨウラン: Reading of Author:. *四半期 *年 *年度 ※ 二人以上の世帯と単身世帯を合わせた世帯。. 1977年度は、自律回復過程への復帰が挫折して景気が足踏みし、停滞状態になった年である。96年度末の消費税率引上げに伴う駆け込み需要は>政府の予想を大きく上回り、その反動減も大きかった。その状況からは回復に向かったが、テンポは緩慢だった。さらに、秋口から生じた株価の下落、そして複数の金融機関破たんによる金融システムへの信頼低下等が、家計や企業の心理を悪化させ、回復を頓挫させた。アジア通貨・経済混乱も先行き不透明感を増幅した。現在景気は停滞を続け、厳しさを増している。 景気動向が昨年の政府の予想以上に厳しくなったのには、次のような三つの要因がある。第一は、消費税率引上げによる駆け込み需要の反動減及び消費税率引上げ、特別減税の終了等の影響が長引いたことである。今回の負担増の家計消費への影響は織り込んでいたが、7~9月期には回復に転じたもののテンポが遅かった。 第二は、バブル後遺症である企業や金融機関のバランスシート調整の遅れの問題である。この問題は、経営基盤の弱い金融機関の破たんの要因になっている面もある。また、不良債権問題等により金融システムへの信頼は低下しており、中長期的にも日本版ビッグバンを控えていることから、金融機関は収益性や健全性の向上のための見直しを進めている。 金融機関は資産構成の健全化や収益性改善のために貸出抑制に向かわざるを得ず、これが、いわゆる「貸し渋り」問題として実体経済に影響を及ぼしている。政府・日銀の安定化策で金融システム不安は落ち着いたが、金融機関の貸出態度には依然として慎重さがみられる。 景気回復期にみられる好循環は再び断ち切られた。そこで97年度末から98年度初にかけて景気下支えと金融システム安定化のための対策が取られ、特に98年度に入って過去最大規模の「総合経済対策」がとられ、経済を下支えし更に上向かせようとしている。しかし、これが民需中心の持続的な回復につながっていくためには、規制緩和等経済構造改革、公正で透明な税制へ向けた検討、金融システム改革などを通じ、国民や企業の意欲が十分に生かされるようになることが必要である。. 家計調査は、統計理論に基づき選定された全国約9千世帯を対象として、家計の収入・支出、貯蓄・負債などを毎月調査しています。 家計調査の結果は、我が国の景気動向の把握、生活保護基準の検討などの基礎資料として利用のほか、地方公共団体、民間の会社などでも利用されています. 93年度の日本経済を振り返ると、93年初から春先にかけてみられた一部の回復の動きが経済全体に拡がるには至らず、その後も景気の後退が続くこととなった。このようにダウンサイドリスクが表面化したのは、経済全体にストック調整とバブルの崩壊という二重の景気後退圧力が残り続けるなかで、夏にかけて急速な円高が進行するなど予想し難い外生的な要因が景気にマイナスに作用したためである。こうして景気の低迷が続くなかで、鉱工業生産は停滞傾向を続け、企業の雇用調整も次第に厳しさを増すこととなった。 94年に入ってからは、総じて低迷する日本経済の中にも、一部に明るい動きがみられるようになってきている。為替レートの動向やバランスシート調整の遅れなどによりダウンサイドリスクを再び表面化させることのないよう十分注意を払いながら、適切かつ機動的な経済運営に努めることにより、現在みられる明るい芽を育てていけば、今後景気を回復軌道に乗せていくことは十分可能であろう。. *月 *四半期 *年 *年度.

(生命・身体に関する事故情報は様々なルートで消費者庁に集約) (消費者安全法に基づき年度に通知された「生命身体事故等」は3,511件) (消費生活用製品安全法に基づき年度に報告された重大製品事故は941件). 000016 構造改革評価報告書 4. 少子・高齢化の進展や経済の低成長等を背景として、将来の収入や資産、老後の生活設計等に対する消費者の不安感は高い水準となっており(図表Ⅰ-1-1-7)、家計の可処分所得の伸び悩みとあいまって消費を下押しする要因となっていると考えられます。消費. 【tsutaya オンラインショッピング】家計消費の動向 平成4年版/経済企画庁調査局 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. 【tsutaya オンラインショッピング】家計消費の動向 平成7年版/経済企画庁調査局 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. 詳細結果表において第3-14表として掲載しています。 ※ 年以降は,3-14表を1-1表,2-3表,3-1表,3-2表,3-7表に分割・表番号を変更して掲載しています。また,年以降の4-1表(全国のみ)にも無職世帯の結果を掲載しています。.

家計消費の動向: 消費動向調査年報. 消費動向調査の季節調整値の改訂について(令和2()年4月6日) 消費動向調査の季節調整値の改訂について(平成31()年4月8日) 「消費動向調査」における調査方法等の変更について(pdf形式:69kb) (平成30()年6月29日) 家計消費の動向 平成7年版 - 経済企画庁調査局 その他の情報一覧. See full list on fsa. ※ 家計消費指数は,年1月分から公表している消費動向指数(CTI: Consumption Trend Index)のうち,世帯消費動向指数に統合され,過去年まで遡及した結果を公表しています。このため,年12月分をもって家計消費指数の作成を中止しました。. 「平成28年経済センサス-活動調査」の速報結果: 平成29年8月(エクセル形式 288キロバイト) 平成26年度 和歌山県市町村民経済計算からみた、県内地区別の経済状況について. See full list on stat.

東京: 大蔵省印刷局, 30cm 平成 17 年版 資料室 /16/2/Ken 経資料 【コ】 000015. 経済企画庁調査局, 1980. 平成26年商業統計調査結果確報; 山形市消費者物価指数 「家計調査」における山形市の品目別消費ランキング(平成29年~令和元年平均) 経済動向月例報告; 山形県景気動向指数及び景気基準日付について; 山形県商品流通調査; 山形県県民経済計算; 市町村民. 鉱工業指数年報 / 通商産業大臣官房調査統計部編. 今回の景気後退は、その期間の長さ、落ち込みの深さといった「景気の厳しさ」の点でみて、戦後有数の景気後退となった。 これほど景気後退が厳しいものとなったのには、二つの理由がある。その第一は、循環的な側面から企業設備、家計の耐久消費財のストック調整が長期化していることである。家計の耐久消費財については、バブル期に買換えが集中したこともあって、乗用車を中心に大きなストック調整の動きがみられた。また、企業設備のストック調整もかなり長期化しているが、これは、稼働率の低下が続くなかで、製造業のストック調整が長引いていることに加え、今回は、通常の景気後退期には設備投資の下支え役を果たす非製造業についても、さらには機械設備分野に加えて建設分野の投資についてもストック調整の動きが生じたことによる。 第二は、バブル崩壊の後遺症が続いていることである。この後遺症としては二つを指摘することができる。その一つは、バランスシート調整である。悪化したバランスシートを調整する過程で経済全体のリスク許容力が低下し、企業では投資行動を抑制し、金融機関の貸出しも低迷したものと考えられる。もう一つは、オフィスビルの需給バランスの悪化である。バブルが崩壊し、オフィススペースへの需要が減少しているなかで供給圧力として作用しており、建築投資を抑制している。 また、今回の景気後退過程の大きな特徴の一つは、ディスインフレーションの進展である。実体経済に及ぼす影響には、企業の交易条件の改善や家計での実質所得の下支えといったプラスの面ばかりでなく、短期的には、企業における実質負債残高の増加や企業マインドの悪化という効果が考えられる。景気後退の長期化の中で、企業にとってディスインフレの過程は厳しいものになるという面があるが、消費スタイルの新しい姿や新たな流通の担い手など、厳しい調整過程を抜け出していく萌芽もみられ、こうした過程を経て、実質購買力の増加が可能となり、景気回復の契機となる最終需要の持ち直しにつながっていくことが期待されている。. バブル崩壊後の累次の経済対策にもかかわらず、日本経済の自律的安定成長過程への移行はうまくいかなかった。その一つの理由は、90年代に入って日本の中長期的な潜在生産能力の伸びが低下したことである。潜在生産能力の伸びが回復するためには、生産性が高まることが重要である。そのためには、新しい技術を体化し、新しい需要を開拓するような投資が行われなくてはならない。問題は、こうしたリスクを伴う行動を制約するような以下の構造的要因があることである。 第一は、公的規制等の制度要因である。事業機会や技術革新機会の制約、そして高コスト構造の温存が、企業活動を停滞させてきた。所得の伸びが鈍化したなかでは、コストの高さは容認しがたいものになる。第二は、金融システムがリスクマネーを十分供給できない金融市場要因である。従来からの間接金融機関、特にメインバンクを中心とする単線的な資金供給チャネルは、いわゆる「貸し渋り」といった金融機関の資金仲介機能の低下がみられると企業活動制約要因になってしまう。世界的にベンチャー的企業が新たな事業機会、就業機会を作り出す時代には、今まで以上に、資金供給チャネルの多様性が求められる。第三に、企業の運営や意思決定メカニズムの制度疲労、すなわち企業組織要因である。日本型企業システムは、目標が明確な時には関係者の暗黙の合意形成と情報の共有という面から大変効率的に機能したが、将来の不確実性が大きく暗黙の合意形成が困難になると、機能が低下することとなる。 以上の構造的要因を解決し、経済構成員の積極的行動を呼び覚まして、潜在生産能力の伸びを回復させるためには、機会の平等、自己責任、情報開示、ルール重視を大原則とする、市場メカニズムと自由な競争に立脚した制度や企業システムへの改革が急務である。そこでのキーワードは次のようなものである。 第一は経済構造改革であり、特に経済効果の大きい分野での競争促進が望ましい。このなかには官民の役割分担を変更し、民間部門の参入を促進するための規制緩和や情報開示が含まれる。また、公正で透明な税制へ向けた検討などによって国民や企業の意欲が十分に生かされるようにすることも重要である。第二は金融システムの改革である。その中でも、リスクマネーの供給については、中小企業や新規開業のための資金調達が円滑化するような、資金仲介チャネルの複線化が望ましい。第三. 消費量とcng車(圧縮天然ガス自動車)の天然ガス(都市ガス)消費量を運輸部門に計上しまし平成た。 25年 度(年度)実績では、これまで5年毎の産業連関表及び毎年の国民経済計算から推計していた業務他部門、.

家計消費の動向 平成7年版 - 経済企画庁調査局

email: ecuvu@gmail.com - phone:(127) 889-5746 x 9773

肩診療マニュアル - 信原克哉 - めぐみ和季 銀のパルティータ

-> 302法政大(社会) 2000年度版
-> 宇和島市1(宇和島) 2008.2

家計消費の動向 平成7年版 - 経済企画庁調査局 - 径に由らず 御算用日記


Sitemap 1

内部被曝 - 肥田舜太郎 - 蓮見文孝 宅建士試験対策 本年度完全予想模試